「空き家バンク制度」とは

更新日:2021年07月16日

三豊市空き家バンク制度

三豊市空き家バンクでは、“空き家を貸したい・売りたい”という空き家所有者と、“空き家を借りたい・買いたい”という空き家利用希望者の橋渡しを行い、三豊市への移住・定住を応援する制度です。

空き家バンクとは 1 空き家所有者、2 三豊市空き家バンク、3移住定住希望者の関係を示すイラスト。1は2へ登録、3は2へ問合せをかける。また2は1へ募集、3へは情報発信を行う。

空き家をお探しの方へ

  1. 三豊市空き家バンクでは、物件ごとに窓口となる担当不動産業者が付いています。本サイトでは、物件の所在地と担当不動産業者の連絡先は掲載しておりません。これらの情報をお伝えするためには、まず利用登録が必要です。
  2. 利用登録がお済みの方には、物件の所在地と担当不動産業者の連絡先をお伝えいたします。本サイトのお問合せフォーム、または地域戦略課へ電話、メールで物件番号をお伝えください。
  3. 物件の詳細情報や内覧のお申込みは、担当不動産業者に直接お問合せください。

【ご確認ください】

  • 物件見学や契約までの手続きは、担当不動産業者の仲介のもと行われます。

  • 敷金、礼金、手数料等は担当の不動産業者に直接お尋ねください。

  • 商談過程に市は介入いたしません。

  • 個別に現地を確認する場合は、近隣の迷惑にならないように十分ご配慮ください。敷地内に勝手に入ることがないよう、マナーを守った行動をお願いします。

◆空き家バンクの物件を買った人は、リフォーム補助金が使えます。

◆空き家バンクの物件を借りた人は、家賃補助金が使えます。

空き家を貸したい・売りたい方へ

物件登録までの流れ
  1. まずは、地域戦略課 0875-73-3011へご連絡ください。空き家の所在地や名義、現在の状況などをお聞き取りします。
  2. 空き家バンクの担当となる不動産業者を「空き家バンク登録事業所一覧」から選んでください。
  3. 不動産業者が決まれば、所有者・不動産業者・市職員の三者で空き家の現地確認を行います。ここで、登録可能かどうかを判断します。
  4. 登録できる物件であれば、申請書を市役所に提出してください。
  5. 申請書に基づき、インターネットで情報発信をします。(掲載までには1週間程度の時間がかかります)
電話をかける人物のイラスト

1 三豊市役所へ連絡

スマートフォンで空き家を選ぶイラスト

2 不動産業者を選ぶ

建物のイラスト

3 空き家を現地確認

書類とペンのイラスト

4 申請書を提出

パソコンに向かう女性のイラスト

5 インターネットで情報発信

各種様式・記入例

市内不動産業者の方へ

登録事業所とは

空き家バンク物件の担当窓口となる不動産業者のことです。空き家の現地確認や仲介を行います。

【登録事業所の要件】

公益社団法人香川県宅地建物取引業協会三観地区または公益社団法人全日本不動産協会香川県本部の会員(市内に事務所を置くもの)であること

【登録申請】

空き家バンク事業所登録申請書を地域戦略課へ提出

各種様式・記入例