家具の転倒・落下は大丈夫?

更新日:2020年03月02日

家具の転倒・落下を防ぐ

家具が転倒すると、下敷きになってけがをしたり、じゃまになって逃げ遅れたりします。
特に、背の高い家具や重い電気製品は要注意。
家具などの、転倒・落下防止を万全にしましょう。

1.収納に工夫を

  • 重いものは下に、軽いものは上に収納する。
  • 本棚は、隙間をブックエンドで固定するなど、なるべく空間を作らない。

2.置き方に工夫を

  • 家具の下、全側に板などを敷いて、壁にもたれ気味に置く。
  • 倒れても、就寝位置に当らないように配置する。

3.照明器具の補強

  • 天井に直接取り付けるものが安全。
  • 吊り下げ式のものは、鎖と金具を使って数箇所留める。

4.耐震金具を利用しよう

  • 転倒防止金具
    壁や柱、鴨居と家具を固定するタイプと、床に固定するタイプがある。家具や部屋の状況によって選ぼう。
  • 重ね留め用金具
    重ねた上下の家具を固定し、上の家具の落下を防ぐ。
  • 扉・引き出し開放防止金具
    揺れで、扉・引き出しが開かないようにする。さらに、収納物の落下を防止するため、棚板に滑り止めを敷いたり、木やアルミの棒で飛び出し防止枠を付けると安心。

お問い合わせ

総務部 危機管理課
〒767-8585
香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
電話番号:0875-73-3119
ファックス:0875-73-3022

お問い合わせはこちらから