三豊市パートナーシップ宣誓制度を導入しました!

更新日:2020年03月02日

三豊市では、互いの人権を尊重し、多様性を認め合いながら、市民一人ひとりが自分らしく生きられるまちづくりを進めています。その一環として、「性の多様性に配慮した三豊市パートナーシップ宣誓制度」を令和2年1月から導入しました。

パートナーシップ宣誓制度の概要

お互いを人生のパートナーとし、相互の協力により継続的な共同生活を行いまたは行うことを宣誓した性的マイノリティのカップルに対し、市が2人の関係を証明する制度です。

性的マイノリティ…性的指向(どの性別を恋愛の対象にするかを表すもの)や性自認(自己の性別についての認識)のあり方が多数者と異なる方をいいます。

申請要件

次のすべてに該当する方が要件です。

  • 双方が民法第4条の定める成年に達していること
  • 住所について次のいずれかに該当していること
    ・双方が本市に住所を有している、または本市への転入を予定していること
    ・一方が本市に住所を有し、他の一方が本市への転入を予定していること
  • 双方に配偶者や他のパートナーがいないこと
  • 当事者同士が近親者でないこと(養子縁組をしている場合を除く)

一方または双方が性的マイノリティの方であれば、宣誓の対象となります。

宣誓の流れ

1.市民環境部人権課へ事前に予約

宣誓の日時や必要書類の確認を行います。12月20日(金曜日)~ 予約受付開始!

予約受付時間:平日 8時30分~17時15分
連絡先 :市民環境部人権課
電話番号:0875-73-3008
メールアドレス:jinken@city.mitoyo.lg.jp

2.パートナーシップ宣誓

おふたりで来庁いただき、職員立会いのもと、パートナーシップ宣誓書に自らご記入いただきます。(代筆を認める場合もあります)

3.パートナーシップ宣誓証明書の交付

宣誓書の内容や添付資料等を確認次第、速やかに交付します。

証明書は、宣誓書や必要書類を精査のうえ、適正と判断された場合は即日交付できますが、書類に不備があった場合、土・日・祝日に宣誓を行った場合は、作成にお時間をいただくことがあります。

宣誓の際、通称名の使用が可能です。

必要書類

宣誓には次の資料が必要です。
また、この他に市長が必要と認める書類の提出をお願いする場合があります。

  1. 住民票の写し
    (三豊市への転入を予定している場合は、その事実が確認できる書類)
  2. 独身証明書その他これに類する書類
  3. 本人確認書類
    (運転免許証、個人番号カード、旅券など、顔写真が添付されたもの)

宣誓証明書を活用できる取り組み

  • 市営住宅入居について要件を配慮します。
  • 市立病院で、パートナーの面会や治療説明、手術の同意を病院に求めることができます。

留意事項

  • 証明書を紛失、既存、汚損した場合、改姓や改名があった場合は、再交付を申請することができます。
  • 個室での対応を希望される方は、予約の際に職員にお伝えください。
  • 証明書の交付は無料ですが、住民票の写しなど、提出書類の発行には別途手数料がかかります。

要綱・Q&Aはこちら

宣誓書様式

お問い合わせ

市民環境部 人権課
〒767-8585
香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
電話番号:0875-73-3008
ファックス:0875-73-3020

お問い合わせはこちらから