健康長寿応援! 三豊市地域包括支援センター

更新日:2020年07月06日

三豊市地域包括支援センター

地域包括支援センターは、介護サービスをはじめ、福祉、医療、権利擁護等の様々な面から、高齢者の生活を支える総合相談窓口です。

地域包括支援センター保健師・理学療法士・社会福祉士・主任介護支援専門員 保健師、理学療法士、社会福祉士、主任介護支援専門員などが中心となって高齢のみなさんの支援を行います。それぞれは専門分野を持っていますが、互いに連携をとりながら「チーム」として総合的にみなさんを支えます。さまざまな方面からみなさんを支えます。

新着情報

行事の再開のお知らせ

7月より「みとよ元気運動塾」と「高齢者あんしん相談」を再開します

〇お願い〇

自宅で体温測定を行いご参加ください。

〇新型コロナウイルス感染予防のため、以下の対策にご協力をお願いします。

1.発熱(37.5℃以上)や風邪症状のある方は参加を控えてください。

2.マスクの着用をお願いします。

3.活動開始前に手指の消毒や手洗いをお願いします。

熱中症予防のため、お茶やお水を持参してください。

開催日程の詳細についてはチラシをご覧ください。

 みとよ元気運動塾日程(PDFファイル:104.1KB)

※詫間町 7月15日(水曜日)10時~11時30分については会場が変更となります。

マリンウェーブから詫間福祉センターに変更となりました。ご注意ください。

高齢者あんしん相談日程(PDFファイル:977.9KB)

以下の行事は引き続き中止となります

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、以下の行事は中止となりました。

・脳きらり教室

・オレンジかふぇ

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。

自宅でできる運動のご紹介

新型コロナウイルス感染予防のため自宅にこもりがちになり、人と会って話す機会がなくなったり、運動不足になっていませんか?

人と密に接しない程度に、近隣を散歩するなど体力維持は大切です。

自宅でできる運動のご紹介

  1. 自宅でできる運動プログラム 「3つの運動(PDF:153KB)
  2. みとよ元気体操」三豊市歌に乗せた三豊市オリジナル体操

認知症ガイドブック・みとよ便利手帳のご紹介

高齢者の相談窓口

高齢者に関する相談を受け、情報提供や関係機関につなぎます。

介護予防

介護予防サービスの提供で自立した生活を支援します。

介護予防についての講習を受けているお年寄りのイラスト

地域での高齢者等の見守り

住み慣れた地域で安心した生活を維持するためには、支え合いが必要です。

自分自身のために、家族のために、周りの人のために、今できることがあります。

高齢者声かけ・見守り活動事業

介護マークについて

三豊市では、地域における日常的な支え合い体制を構築し、高齢者や障害のある方を介護する方が、安心して暮らせるまちづくりを推進するため、介護マークの普及に取り組んでいます。

外出先でこのマークを見かけた際には、温かく見守り、可能であれば手助けをするなど、ご理解・ご協力をお願いいたします。介護マークの交付を希望される方は、交付申請が必要です。

介護マークについて
介護マーク

介護マークとは(PDF:200.5KB)

三豊市介護マーク名札交付事業実施要綱(PDF:281.3KB)

介護マーク名札交付申請書(PDF:66KB)

介護マーク名札交付申請書(施設)(PDF:43.5KB)

三豊市高齢者あんしん見守りネットワーク

三豊市では、高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らし続けることができる地域づくりを実現するため、地域の様々な機関と「三豊市高齢者あんしん見守りネットワーク推進協定」を締結しています。この事業を通じて、認知症に対する正しい知識の普及・啓発、認知症徘徊行動等による行方不明高齢者等の早期発見・保護、高齢者の孤独死や消費者被害の防止など、地域における高齢者の見守り等の推進を図っています。

高齢者あんしん見守り推進協定、高齢者等徘徊SOSネットワーク協力事業所一覧(PDF:104.6KB)

三豊市高齢者等徘徊SOSネットワーク

認知症等により徘徊、行方不明になった場合に備え、地域の支援を得て早期に発見・保護できるよう関係機関等との協力体制を構築することにより、高齢者の安全の確保及び家族等への支援を行うものです。

詳しくはこちらから

みまもるんぼの紹介

みまもるんぼ

三豊市見守りSOSネットワークキャラクター「みまもるんぼ」

オレンジカフェ(認知症カフェ)

オレンジかふぇ)とは、認知症の人やその家族、地域の誰もが気軽に集え、医療・介護や福祉の専門家と情報交換や相談などができる場所のことです。

三豊市認知症ガイドブック(認知症ケアパス)

認知症は誰にでも起こりうる脳の病気です。

しかし、認知症になったからといって、何もできなくなるわけではありません。尊厳をもって最後まで自分らしく生活することは、誰もが望むことです。

認知症ケアパスとは

認知症の症状に合わせて受けられる三豊市のさまざまなサービスやその他の支援などの情報をまとめたものです。

認知症は病気の進行によって症状が変化します。認知症になっても住み慣れた地域で、できる限り安心して自分らしく暮らすために、症状の変化や対応の流れを知り、今後の生活を見通す参考としていただけるよう作成しました。

市内の各支所や地域包括支援センターで配布しているほか、下記よりダウンロードすることができます。ぜひご活用ください。

認知症ガイドブック(簡易版)(PDF:3.5MB)

認知症ガイドブック(PDF:6.2MB)

認知症サポーター養成講座

認知症サポーター養成講座について

認知症についての正しい知識を習得し、認知症になっても安心して住み慣れた地域で、暮らし続けられるように、認知症の人やその家族を応援する人になるための講座です。

講座を受講された方には、認知症サポーターの証である「オレンジリング」をお渡ししています。

この講座の受講料は無料です。
 

詳しくはこちらから

認知症キャラバンマスコット

高齢者の権利擁護

高齢者虐待や、悪質商法などの消費者被害の防止などの支援を行います。

包括的・継続的ケアマネジメント支援

高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らせるように、様々なネットワーク作りを行います。

令和2年度介護支援専門員研修 日程

介護支援専門員研修日程
日程 時間 場所
令和2年6月26日 金曜日 13時30分~ 三豊市役所危機管理センター301・302会議室
令和2年8月19日 水曜日 13時30分~ 三豊市役所危機管理センター201・202会議室
令和3年2月12日 金曜日 13時30分~ 三豊市役所危機管理センター301・302会議室

上記日程は変更になる可能性があります。

 

令和2年度主任介護支援専門員連絡会 日程

主任介護支援専門員研修日程
日程 時間 場所
令和2年7月10日 金曜日 13時30分~ 三豊市役所危機管理センター301・302会議室
令和2年10月14日 水曜日 13時30分~ 三豊市役所危機管理センター201・202会議室
令和3年3月12日 金曜日 13時30分~ 三豊市役所危機管理センター301・302会議室

上記日程は変更になる可能性があります。

 

在宅医療・介護連携推進事業

地域包括支援センターでは、できる限り”住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続ける”ことができるよう、地域の医療・介護・福祉の関係者が連携して、在宅医療と介護を一体的に提供することを目的に実施しています。
詳細は下記リンクをご覧ください。

連絡先

郵便番号767-8585
香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
三豊市健康福祉部介護保険課内
三豊市地域包括支援センター

電話:0875-73-3017
ファックス番号 :0875-73-3023

山本地域・財田地域にお住まいの方はこちら

郵便番号769-0401
三豊市財田町財田上2141番地
財田町国保高齢者保健福祉支援センター内
三豊市地域包括支援センター
南部高齢者サポート

電話:0875-67-3788
ファックス番号 :0875-73-3023

お問い合わせ

健康福祉部 介護保険課
​​​​​​​〒767-8585
香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
電話番号:0875-73-3017
ファックス:0875-73-3023

お問い合わせはこちらから