文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップみとよHOTほっとNEWS平成24年度の話題11月11月21日(水)
前のページへ 
2012年11月21日 更新
印刷用ページを開く
11月21日(水)
会話や出会いがたくさんつまった「暮らしの広場−ゆるり日和−」
駐車場を上手に使った会場には、多くの家族連れが詰めかけました
▲駐車場を上手に使った会場には、多くの家族連れが詰めかけました
こだわりをていねいに伝える店員にも自然と笑みが
▲こだわりをていねいに伝える店員にも自然と笑みが
会場はすてきな笑顔がたくさんありました
▲会場はすてきな笑顔がたくさんありました
自慢の手作りクレープには店員の笑顔もプラス
▲自慢の手作りクレープには店員の笑顔もプラス
試食もあり、おいしい一品をほおばります
▲試食もあり、おいしい一品をほおばります
木のボールを使ったプールなど自然素材の恵みともふれあえるコーナー
▲木のボールを使ったプールなど自然素材の恵みともふれあえるコーナー
紙芝居もあり、子どもも楽しめるようイベント企画に工夫が
▲紙芝居もあり、子どもも楽しめるようイベント企画に工夫が
ふだん使うことがない「かんな」体験もできました
▲ふだん使うことがない「かんな」体験もできました
教わりながらベンチ作りをお手伝い
▲教わりながらベンチ作りをお手伝い
主催者である島崎さんと本イベントについて話す横山市長
▲主催者である島崎さんと本イベントについて話す横山市長
その場でゆっくり会話できるのが、本イベントの魅力の一つでは
▲その場でゆっくり会話できるのが、本イベントの魅力の一つでは
新鮮野菜を前に会話も弾みます
▲新鮮野菜を前に会話も弾みます
購入したパンなどは会場内のベンチなどに腰掛け、ゆっくり味を堪能できるように
▲購入したパンなどは会場内のベンチなどに腰掛け、ゆっくり味を堪能できるように
 「第1回暮らしの広場−ゆるり日和−」が18日、市民交流センターで行われ、多くの家族連れが訪れました。
 豊中町で雑貨屋を営んでいる島崎ふみ子さんが、農家の人とコラボして、毎日の食を大切にする気持ちをもう一度思い出してほしいという思いから開催しました。開催場所・駐車場の確保から、企画や周知まですべて島崎さんをはじめとするスタッフの皆さんが行ってきました。知り合いの人に声を掛け、当日は県外からも含め約30の出店がありました。
 センター内では木のおもちゃで遊べるコーナーのほか、読み聞かせなどが行われており、子どもの笑顔がいっぱい広がっていました。
 外では店ごとにテントを張り、地元農家の皆さんを中心にパン屋、カフェ、とうふ屋、食材屋などいろいろな店が農家とコラボして、おいしいものを届けていました。
 どの店も来場者とゆっくり話しながら、こだわりの詰まった商品を販売し、会場は笑顔や会話から出る人と人とのぬくもりであふれていました。
 コンセプトであった「毎日の暮らしの中の発見や出会い」があり、来場者も出店者も楽しみながら、ゆったりとした1日を過ごすことができ、自主自立・コミュニティの大切さを感じることができる場所がここにはありました。
ほんまもんメルマガ登録サイトへ
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
総務部 秘書課
〒767-8585 香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
Tel: 0875-73-3001  Fax: 0875-73-3030
E-Mail: こちらから