文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップみとよHOTほっとNEWS平成24年度の話題11月11月7日(水)
前のページへ 
2012年11月7日 更新
印刷用ページを開く
11月7日(水)
新しいまちづくりをめざして
「新しい公共と市民活動」藤岡喜美子さんによる講演
▲「新しい公共と市民活動」藤岡喜美子さんによる講演
多くの人が来場し、まちづくりへの関心の高さが伺えます
▲多くの人が来場し、まちづくりへの関心の高さが伺えます




【パネルディスカッション】
「先進事例から学ぶ市民によるまちづくり活動」と題して
講演のあとコーディネーターをつとめた藤岡喜美子さん
▲講演のあとコーディネーターをつとめた藤岡喜美子さん
兵庫県朝来市のまちづくりの事例を紹介 馬袋真紀さん
▲兵庫県朝来市のまちづくりの事例を紹介 馬袋真紀さん
県政策課地域づくり推進室室長 森本哲司さん
▲県政策課地域づくり推進室室長 森本哲司さん
詫間まちづくり推進隊事務局 小玉友良さん
▲詫間まちづくり推進隊事務局 小玉友良さん
三豊市横山市長
▲三豊市横山市長
 三豊市まちづくり講演会・パネルディスカッションが10月27日、高瀬町農村環境改善センターで行われました。

 はじめに、「新しい公共と市民活動」について藤岡喜美子さんが講演。藤岡さんは、「地域の中で課題になっていることを見つけ、情報を共有し、主体的に自分たちの思いで活動することが成功のポイント」と話されました。

 そのあとは、藤岡喜美子さんをコーディネーターに「先進事例から学ぶ市民によるまちづくり活動」をテーマにパネルディスカッションが行われました。
 
 パネルディスカッションでは、兵庫県の朝来市まちづくり課に在籍し、先進的にまちづくりを行っている馬袋さんが詳しい事例を紹介してくれ、県の地域づくり推進室の森本さんは、自分たちで地域をつくっていく楽しさを話してくれました。まちづくり推進隊詫間事務局の小玉さんは、「詫間もこれからが本番。直面する課題は地域によってさまざま。ニーズにあった活動をしたい」と述べ、横山市長は、「異なる伝統を持つ7町。それぞれの個性が違うのが強み。走りながら、修正しながら、必ず成功すると信じている」と力強く話していました。

  会場には170人もの人が来場し、まちづくりへの関心の高さが伺えました。 
ほんまもんメルマガ登録サイトへ
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
総務部 秘書課
〒767-8585 香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
Tel: 0875-73-3001  Fax: 0875-73-3030
E-Mail: こちらから