文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップみとよHOTほっとNEWS平成24年度の話題9月9月21日(金)
前のページへ 
2012年9月21日 更新
印刷用ページを開く
9月21日(金)
ふるさとの空気を体中で感じる旅(関東・三豊市ふるさと会帰省ツアー)
地元で採れたボイセンベリーで作った、ジュースやアイスをいただきました
▲地元で採れたボイセンベリーで作った、ジュースやアイスをいただきました
早速、お買い求め♪
▲早速、お買い求め♪
讃岐ラーメンを堪能↑
▲讃岐ラーメンを堪能↑
仁尾サンリゾートにて 見晴らしのよい場所で休憩
▲仁尾サンリゾートにて 見晴らしのよい場所で休憩
粟島へ 支配人から鐘の由来を聞きました
▲粟島へ 支配人から鐘の由来を聞きました
昨年芸術家村でルカ・ローマさんがつくった「廃材を集めて作った作品」を鑑賞
▲昨年芸術家村でルカ・ローマさんがつくった「廃材を集めて作った作品」を鑑賞
芸術家村で活躍していた岩岡純子さんの作品を楽しみます
▲芸術家村で活躍していた岩岡純子さんの作品を楽しみます
仁尾の町並みを散策
▲仁尾の町並みを散策
 関東・三豊市ふるさと会の皆さんが、14〜16日、ふるさと帰省ツアーで三豊市を訪れました。今回は芸術家村でにぎわう「粟島」と仁尾の昔ながらの町並みで開催されている「仁尾八朔人形まつり」をメインに市内を観光しました。
 粟島では芸術家村を中心に島内を散策し、アートの島として確立しつつある粟島を肌で感じ、また夜には潮風香る粟島の港で海ほたるも観賞しました。
 好天にも恵まれた翌日の仁尾八朔人形まつりは、仁尾の町並みを散策。軒先に飾られたジオラマ(情景模型)や子どもたちが描いた歴史絵巻の看板などを見て楽しみました。
 滞在中は、うどんだけでなく、三豊産の食材を使った料理やデザートに舌鼓。おみやげも産直市などで、三豊のおみやげをたくさん買いました。
 参加者は「やっぱり、ふるさとの空気はええなぁ〜」「野菜もくだものも新鮮で美味しい」と大満足。また「この三豊産の野菜やフルーツがどこでも買える仕組みができたら、いつでもふるさとの味が楽しめるのにな〜」と新たな提案も。「それぞれ遠く離れていても、いつでも三豊市のことを考えているんやで」と郷土への熱い思いを話していました。



 
ほんまもんメルマガ登録サイトへ
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
総務部 秘書課
〒767-8585 香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
Tel: 0875-73-3001  Fax: 0875-73-3030
E-Mail: こちらから