文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップみとよHOTほっとNEWS平成24年度の話題6月6月20日(水)
前のページへ 
2012年6月20日 更新
印刷用ページを開く
6月20日(水)
世界に一つの土偶・土器づくり(粟島芸術家村土偶・土器制作ワークショップ)
真剣!
▲真剣!
アドバイスを受けながら作製
▲アドバイスを受けながら作製
どの貝で模様をつけようかなぁ
▲どの貝で模様をつけようかなぁ
自慢の作品を前に
▲自慢の作品を前に
ユニークな作品の数々
▲ユニークな作品の数々
 
 粟島芸術家村のアーティスト杉原信幸さんによる「土偶・土器制作ワークショップ」が粟島中学校で16日、開かれました。粟島の阿島の土を使い、古来から願いや祈りを込めてつくられたという土偶を制作。15人の参加者は、それぞれの祈りを込め、用意された貝や縄を使い工夫しながら、世界にひとつしかない土偶や土器を熱中して作っていました。
 最後には、なぜこの作品を作ったかなど作品への思いも述べて、作品発表会。
 徳重基子さん(粟島)は、「粟島には子どもが少ないので、粟島の繁栄を祈りました」と、どっしりとした女性の土偶を、また、宮下向日葵ちゃん(4年生)は、ペンギンやウサギ、ルービックキューブなどたくさんのモチーフを作り、楽しそうな様子でした。
 これらの作品は、焚き火で焼き、7月14日の滞在作家展のオープニングで夕刻から西浜の「海の庭ー粟島ストーンサークル」に埋める予定です。
 杉原さんは、「大切なものを埋めることで、願い、祈ることを体験してもらいたい」と話していました。
ほんまもんメルマガ登録サイトへ
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
総務部 秘書課
〒767-8585 香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
Tel: 0875-73-3001  Fax: 0875-73-3030
E-Mail: こちらから