文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ観光情報釣りガール・山ガールMITOYO ヤマガアル(山ガール)  MITOYO ヤマガアル Episode-25 ツアーレポートT
前のページへ 
2020年1月9日 更新
印刷用ページを開く
MITOYO ヤマガアル Episode-25 ツアーレポートT

やっと、やっとできたよ〜。山歩きツアーが。


2度の延期のため、参加できなくなったみなさん申し訳ありません。


次回ツアー(内容は、年内に発表できるかな?)での参加、お待ちしております!


さて、ツアーを実施した12月10日。びっくりするぐらい寒い(寒さのせいで画像がブレとんは許してね)


ほんで、空模様がいまひとつ・・・。いったい誰の行いが悪いんやろ?


ハックシュン(YA・MANがクシャミしました)


今回参加してくれたのはガールズ4名様。


マリンウェーブに集合して、まずはお昼ごはんの調達に。


開店して3周年を迎えた、天然酵母を使ったパン屋さんへ。



午前中のええ時間帯ってこともあって、品揃えが豊富☆



どれを選ぶか店内を行ったり来たり。


みんな、何を買うか迷っちゃってます(*^_^*)


悩みに悩んで、お気に入りのパンをGET!


ほんだら、まず最初の目的地、博智山へ行きましょかぁ〜。


博智山の登山口に到着して、軽く準備運動。



ゲストで同行している『釣りガールに捧げる・・・』でおなじみの師匠は「そんなんせんでも・・・」と余裕の表情。


1合目まであがってくと、山登りのおともの杖。


山ガールがアドバイスすると、みんな自分にフィットしたのをチョイス!



※YA・MANは恒例のダブルスティックですが、師匠は「そんなんいらん」ってことで杖なしで登ります!


杖を選んだとこで、ほな行こかぁ。



2合目の急な坂の途中「かえる石」が。


無事帰るって意味もあるけど、「お金が返る」「若返る」ってこともあるかもって話すと、



みんな、なでなでなでなで。


ただ、イチバンなでなでしたのは・・・



師匠!なでなでを通り越してスリスリしよる〜。


「お金ですか?」「若さですか?」なんて、よー怖ぁてきけんし(笑)


みんな仲良く登校班スタイルで。まだまだみんな余裕かな?




4合目の粟島・志々島が見えるベンチのとこでいったんブレイクタイム。


YA・MANがお気に入りのこのポイント。



みんな、気にいってくれるかなぁ?


このベンチからすぐのとこにあるんが、右肩あがりの赤い文字の立て札がある勝運坂。



願いを込めて、この赤文字をなぞって、そのあと登るとひょっとしたら願いが叶うかもって山ガールが言うと・・・


みんな続々と。



おっ!その左手に見えるんはまさか「年末ジャンボ」ちゃうん?ヤル気満々やん!


当たったときの報告お待ちしておりまぁ〜す。


勝運坂を越えて少し進むと、あれ一人遅れとる・・・




し、師匠!もうちょっとで休憩するきん、がんばってくださいっ!


運よく近くにベンチがあったきん、そこで休憩(これも勝運坂のおかげ?)



けっこう、みんなも疲れとったみたい。


「みんながなかなか言えんやろきん、演技してみたんや」とでも言いたそうな師匠。


おみそれしましたぁ〜。


八畳岩の手前は巨岩がごろごろしているゾーン。



みんな思わずシャッターきってます。


このゾーンを過ぎて、登山口から約30分。



八畳岩に到着〜っ。



ひょっとして・・・この姿はワールドカップのときのヒデですか???


ここが博智山のベストビューポイントってこともあって、みんな思い思いに写真を撮る撮る。



これが青空やったらもっとええんやけど・・・。


また、登りにきてね。


さぁ、そしたら山頂目指しますか。山頂まではあと200m。




ってことで、今回はここまで。


この続きは、近日公開!お楽しみにぃ(^^)ノ


以上、山ガールとYA・MANでした。



これまでのエピソードはココをクリック →→→ MITOYO ヤマガアル トップページへ


本文終わり
前のページへ ページのトップへ
三豊市観光コンシェルジュ
電話 0875−24−9231
メール  info@mitoyocc.jp