文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップみとよHOTほっとNEWS平成23年度の話題12月12月12日(月)
前のページへ 
2011年12月12日 更新
印刷用ページを開く
12月12日(月)
トップアスリートのすごさにびっくり!
左から綾選手・中野選手・荻田選手・河北選手・畑瀬選手・塚原選手・平選手
▲左から綾選手・中野選手・荻田選手・河北選手・畑瀬選手・塚原選手・平選手
塚原選手と高平選手によるバトンパス
▲塚原選手と高平選手によるバトンパス
荻田選手は棒高跳びを披露
▲荻田選手は棒高跳びを披露
子どもたちと競争する塚原選手
▲子どもたちと競争する塚原選手
ハードルの河北選手に挑戦
▲ハードルの河北選手に挑戦
後方からのスタートでもぐんぐん追いつきます
▲後方からのスタートでもぐんぐん追いつきます
ハードルの基礎を教える河北選手
▲ハードルの基礎を教える河北選手
実際に投げてこつを教える畑瀬選手
▲実際に投げてこつを教える畑瀬選手
棒高跳びのからだの使い方を教える荻田選手
▲棒高跳びのからだの使い方を教える荻田選手
塚原選手のスタートダッシュを見つめる子どもたち
▲塚原選手のスタートダッシュを見つめる子どもたち
トップアスリートとリレー対決!
▲トップアスリートとリレー対決!
トップアスリートにみごと快勝
▲トップアスリートにみごと快勝
 6日、日本陸上競技連盟主催で、子どもたちに陸上の楽しさを知ってもらおうと巡回している「キッズアスリート・プロジェクト夢の陸上キャラバン隊」が麻小学校を訪れ、市内8小学校の児童約760人が参加して、陸上のトップアスリートたちの技を間近で見たり、各競技ごとに指導を受けました。
 今回キャラバン隊として訪れたのは、北京オリンピック400mリレー銅メダリストの平選手や塚原選手、砲丸投の畑瀬選手、県出身のハンマー投げの綾選手、棒高跳びの荻田選手、中野選手、400m障害の河北選手の7人で、陸上界ではトップアスリートと呼ばれる人ばかりです。
 デモンストレーションとして、トップアスリートの「走る」「跳ぶ」「投げる」を目の前で見て、児童たちは「速い」「すごい」と驚いていました。児童たちとリレーで競争したり、各競技の基礎を教えてもらったり、アスリートとふれあう中で児童たちは陸上の楽しさを知ったようです。
ほんまもんメルマガ登録サイトへ
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
総務部 秘書課
〒767-8585 香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
Tel: 0875-73-3001  Fax: 0875-73-3030
E-Mail: こちらから