文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ観光情報釣りガール・山ガールMITOYO ヤマガアル(山ガール)  MITOYO ヤマガアル Episode-2 塩生山(はぶのやま)
前のページへ 
2020年1月9日 更新
印刷用ページを開く
MITOYO ヤマガアル Episode-2 塩生山(はぶのやま)
MITOYO ヤマガアル、待望の第2弾は・・・(『誰が待っとんや』とか言わんとってぇ〜!)


Episode-1で、博智山の8帖岩から見えよった詫間の「塩生山」。



三豊市詫間庁舎の前の県道を須田方面にまっすぐ進み、


大塚会館すぐの信号を右折。


少し進んだところに、登山道の案内板を発見。


見落としやすいきん、注意してぇ!




一通り周辺を走ってみたけど、専用駐車場はないみたい。


看板の手前に集会場があるきん、


その近くに邪魔にならんように車をとめて。


ほな、いこかぁ。



車が1台通れるくらいの道を進んでいくと・・・


ここにも登山のおともの杖を置いてくれとるよ〜♪♪


ありがたや〜!



どっちにしよっかなぁ〜???


山ガール、YA・MANともに、1本チョイス。





こっから山頂まで630m。


コンクリートや枕木で道が整備されとって、かなり歩きやすい。


とことこ歩いていると道の脇には梅の花。



まだ、咲き始めやったけど、春の足音を感じるわぁ。


どんどん登っていくと、突如!


登山道沿いに吊り下げられた、俳句の札が登場!


風景や季節を詠んだ情緒のある句から、ちょっと笑える日常を詠んだ句まで。



山ガール、一句一句うなづきながら歩く。


負けずに、さっきの梅を思い出しながら短歌で対抗!



   白梅の  張り出す枝に  身をかがめ


      散らさぬように そっと歩み行く



Oh!文化人じゃ〜ん(笑)


俳句を味わい、心があったまると残り150m。


ベンチがあるきん、ちょっと休憩しよかー。


海の方を見ると・・・

 


瀬戸大橋!


振り返って、山の方を見ると・・・


前回登った博智山の8帖岩!!(YA・MANの指の先、わかりにくいかぁ)


さて、休憩を終えると、ここからがクライマックス!!!


なぜなら頂上までは急な階段が続くから!(今回初!)


「あとひとがんばりっ、ファイト!」って、自分に言い聞かせ・・・



階段を上がりきると・・・


・・・


・・・


ぐる〜〜〜り360度の大パノラマが広がってたぁ〜!


超絶景!!!!!


思わず・・・




「登ったどぉ〜!!」・・・とは叫んでないんやけど(笑)


粟島・志々島はもちろん、瀬戸大橋や児島の遊園地もバッチリ見える♪


遠くは岡山の六島、広島の福山まで!


海側ではなく、山側を見ると、四国中央市の製紙会社の煙突も見えるぅ!!



おススメの釣りスポット・ゴマジリも見えるで〜(「釣ガールに捧げる第2弾!」参照)。


ちょっと曇っとるけど、こんなに景色がええとは予想以上!


こんな景色が見られるんも、地元のボランティアの人たちのおかげ。


この日も、3人の方が作業に来てました。


今年に入ってほぼ毎日作業しよんやって。


ほんまに、ありがとうございます。


頂上のベンチも手作りで、まだほのかに木の香りがするような・・・。




山ガール、YA・MANともに心ゆくまで瀬戸の眺めを満喫!


ちなみに桜の季節はこんな感じ。


          【詫間町・音泉さん撮影】



隠れたお花見スポットらしいよ〜(^ ^)


桜が咲き始めるのが今から楽しみやわ〜♪♪♪


ベンチの下にある衣装ケースの中には、登山ノート。


自由に書けるようになっとるよ。写真もあるきん、自由に見ていいって。




せっかくやきん、山ガール、YA・MANも書きました。


何を書いたかは、ヒ・ミ・ツ☆ ぜひ現地で確かめてみて(笑)


帰りは、地元の人のススメもあって、新浜側のルートを下山。




車を停めたとこから、頂上までは約30分。


帰りは、約15分で下山。


新浜から車を停めたとこまでは約10分。


トイレはないきん、登る前に済ませてきてね。




すっかり腹ペコになったきん、地元でおなじみのうどんやさんへ。


うまいうどんやが結構あるんでぇ!映画『きな子』の男優さんお気に入りの店も・・・


讃岐人の昼はやっぱりうどんやろ〜〜。





どっちが、どっちを食べたかは、みなさんのご想像におまかせで(笑)


太麺でおいしかった〜!




さぁ、次はどこへ行く!?


以上、山ガールとYA・MANでした。






※地図の印があるところは「塩生山登山道入口」の看板があるところ。


〜アクセス〜

 塩生山登山道入口まで・・・

【お車などで】
 三豊鳥坂インターから約20分、さぬき豊中インターから約25分。

【コミュニティバス】
 JR詫間駅から「詫間三野線」で、『塩生』下車。徒歩すぐ。
 
 ※詫間三野線は休日運休です。

本文終わり
前のページへ ページのトップへ
三豊市観光コンシェルジュ
電話 0875−24−9231
メール  info@mitoyocc.jp