文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップみとよHOTほっとNEWS平成22年度の話題10月10月15日(金)
前のページへ 
2010年10月15日 更新
印刷用ページを開く
10月15日(金)
3人の巫女が伝統の神楽を舞う(麻神楽団)
練習に励む
 8日、高瀬町麻の麻部神社で伝統の神楽の練習が行われました。神楽は、県内で唯一、団として活動を続ける『麻神楽団』の皆さんが伝統を絶やすまいと練習を重ね、毎年、地元の麻部神社はもちろん各地で舞を披露しています。昨年は、麻幼稚園5歳児(当時)の原田隼斗くんが入団し、みごとな舞を披露しましたが、今年は、高瀬中学2年の福田鈴奈さんに同1年の前川貴美さん、会社員の前川美加子さんの女の子3人が新たに入団しました。
高瀬中学2年の福田鈴奈さん
▲福田鈴奈さん(高瀬中学2年)
「最初は戸惑っていましたが、親切に教えてくれるので、ちょっとずつですが舞えるようになりました。お祭りでは、精一杯舞うので、ぜひ、皆さんに見てほしいです」
(手前)会社員の前川美加子さん
▲前川美加子さん(会社員)
「昨年のお祭りを見て、かっこいいなあと思ったのと、兄が神楽団の一員ということもあり、始めました。だんだん舞えるようになりましたが、まだまだなので、練習に励みます」
高瀬中学1年の前川貴美さん
▲前川貴美さん(高瀬中学1年)
「お兄ちゃんが神楽団の一員で、お姉ちゃんも始めたので、私もやってみようと思いました。一つの舞は5分ぐらいですが一つひとつの動作を覚えるのが大変でした。本番では、きれいに舞えるようにがんばります」
 練習は、5月ごろから週一で舞の練習を始めて、この週末の16日(土)午後6時から麻部神社(高瀬町)の境内で舞います。
 また、17日午後1時からは全国的にも珍しく県内では唯一の「パラシュート花火の打ち上げ」があります。このパラシュート花火を拾った子には福が舞い降りると伝えられています。
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
総務部 秘書課
〒767-8585 香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
Tel: 0875-73-3001  Fax: 0875-73-3030
E-Mail: こちらから