文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ三豊市の行政情報税情報家屋について熱損失防止改修(省エネ改修)に伴う固定資産税の減額措置について
前のページへ 
2018年8月16日 更新
印刷用ページを開く
熱損失防止改修(省エネ改修)に伴う固定資産税の減額措置について
 既存の住宅で一定の要件を満たす省エネ改修工事を行った場合は、固定資産税が減額になります。
減額の要件
1.平成20年4月1日から平成32年3月31日までに改修工事を行った住宅(賃貸住宅は対象外)で、改修後の床面積が50u以上であるもの。

2.次のア、イ、ウ、エのうち、アを含む工事(外気等と接するものの工事に限る。)で国又は地方公共団体からの補助金等を除いた自己負担額が50万円超のもの
 ア・・・窓の断熱改修工事
 イ・・・床の断熱改修工事
 ウ・・・天井の断熱改修工事
 エ・・・壁の断熱改修工事

減額対象期間と床面積
・改修工事が完了した翌年度分の当該住宅に係る固定資産税の3分の1が減額になります。
・1戸当たり120u相当分までを限度とします。

減額を受けるための手続き
 改修後3カ月以内に工事内容等を確認できる書類(工事費明細書、写真、領収書の写しなど)を添付し、税務課へ申告してください。
 工事内容を示す書類は、建築士等による証明で代替可能です。

※ この減額措置の適用を受ける固定資産税は、新築住宅軽減、住宅耐震改修軽減を受けている場合は除きます。バリアフリー改修の軽減と併用して受けられます。

ダウンロードファイルはこちら
(syoene-0401.rtf: 113k)
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
市民環境部 税務課
〒767-8585 香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
Tel: 0875-73-3006  Fax: 0875-73-3020
E-Mail: こちらから