文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップフルーツ王国みとよ生産者の紹介学校給食契約栽培生産者 白川弘幸さん
 
2009年11月30日 更新
印刷用ページを開く
学校給食契約栽培生産者 白川弘幸さん
「つけな三木2号」生産者 白川弘幸さん
 県農業試験場で新たに開発した「つけな三木2号」を契約栽培している三豊市豊中町本山の白川弘幸さん。
 
 これまで、小松菜の栽培はしていたという白川さん。
 今年は、香川県農政課、地産池消グループの依頼を受けて、早秋より栽培を始めました。「ほぼ、小松菜との作り方の差はない。肥料も同じである。ただ、収穫するときは、小松菜に比べて少し茎が折れやすいので気をつけて収穫している」と栽培してみての感想は、小松菜との栽培方法の違いはないようです。
 
 小松菜の栽培方法と同じとのことですが、横のうねに植えているので、色や大きさなどの違いがわかります。
 畑のうねには、パスライトを覆っています。パスライトを使うことでこれからの寒さに対応できます。また予防も不要であり、保温と虫除けの効果が期待されます。
つけな三木2号です。葉が大きくほこり、来週、市場を通して給食に届けられるのを待っています。(H21.10.30取材)
 白川さんは「安心・安全な野菜を給食の食材として届けたい」と自分のつくった地場野菜「つけな三木2号」が、学校給食へ導入されるのを楽しみにしています。
本文終わり
ページのトップへ
建設経済部 農林水産課
〒767-8585 香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
Tel: 0875-73-3040  Fax: 0875-73-3047
E-Mail: こちらから