文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップフルーツ王国みとよ生産者の紹介自慢のびわづくり 河田良弘さん
 
2009年5月29日 更新
印刷用ページを開く
自慢のびわづくり 河田良弘さん
香川・三豊は全国でも有数のびわの産地です。
ここ河田さんのびわ畑(山)から見える海の景観は絶景です。
 河田さんは60アールのびわを栽培しています。
びわ生産者、河田良弘さん
 今年のびわの出来は上々。4月に雨が降ったことで、ジューシーで甘味が強いそうです。
 昨年の収穫後には肥料(堆肥)をたっぷり施用したことで、このように艶やかなびわの葉になり、果実もおいしくなるそうです。12〜1月頃には、形や色の良いびわをつくるため摘花を行い、4月には夫婦揃って袋かけ作業にかかり、なんと65,000袋もかけたそうです。袋かけは、虫よけ、風よけの防止としてなくてはならない作業です。
 びわは、葉や種も薬用・加工食品としても使われることがあり、「びわは捨てるところがない」と言われています。
 
 只今びわの収穫の最盛期!朝5時より収穫しています。「今話やする間ないくらい、ほんまに忙しいんじゃ」と言いながらも、快く取材に応じていただきました。
 取材日H21.5.25
 収穫したびわの袋だし作業をしています。
 次にびわの枝をハサミで切り、赤秀、青秀、優品、良品に選別します。
 選別したびわの重さを量ります。パック詰めします。
 これだけの作業を終え、箱詰めして出来上がり。消費者に旬のおいしさを届けます。奥さんの喜美子さんは、農業士として活躍しています。
4パック箱詰めして、JA曽保集荷場へ出荷します。

三豊のびわについて、知りたい方は画像をクリック。
本文終わり
ページのトップへ
建設経済部 農林水産課
〒767-8585 香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
Tel: 0875-73-3040  Fax: 0875-73-3047
E-Mail: こちらから