文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップフルーツ王国みとよ生産者の紹介大方さんのゴボウ
 
2009年11月19日 更新
印刷用ページを開く
大方さんのゴボウ
ゴボウ畑のうね
 普通、ゴボウは連作は難しいとされていますが、大方正さんの栽培は連作に耐える地力をつけて、毎年、同じ畑で作っています。畑はごらんの通り、十分な管理が行き届いており、形の整った高うねです。ゴボウの長さに合った高さにしています。
 「野菜をつくるのは。先に土をつくるんや。よい土を作れば、おのずとよい野菜ができる」「その土地に合った作物をつくる」それが大方さんの持論です。
  3年に一度はバックホーで畑全体の土を掘り起こし、耕しているとか・・。
大方さんオリジナル農具
ゴボウを掘り起こすための専用の道具を、大方さん自ら作りました。
大方さん愛用のトラクター
 
 EMぼかしによる土づくりによって、味、糖度、日持ちも優れているということです。米ぬか、骨粉、かにガラ、油カス、チキンエースなどをミキサーで攪拌し、独自の肥料で土壌をつくっています。
EM菌による有機肥料は、空気を入れずに発酵させるのがこつ。空気を入れると3日で60度くらいになり、肥料としての効果はよくないそうです。
 
ゴボウの芽が出てきました。
葉が大きくほこってきました。土の中でもゴボウの根っこは大きく育っています。
大方さんごぼう販売
大方さんのゴボウは、道の駅「たからだの里さいた」物産館産直で販売
本文終わり
ページのトップへ
建設経済部 農林水産課
〒767-8585 香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
Tel: 0875-73-3040  Fax: 0875-73-3047
E-Mail: こちらから