文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ生涯学習・公民館・スポーツ 歴史文化財山本町の歴史文化財町指定文化財(3)
前のページへ 
2006年1月1日 更新
印刷用ページを開く
町指定文化財(3)
17.山王山古墳
山王山古墳

平地が見下ろせる山王山頂上部にある。
この古墳は、円墳で長方形となすび形の石室が8m離れて西向きにならび、双墳の形式に作られ四国では珍しい古墳である。
天井石を失い、玄室部分の石組みだけが残っている。
新羅系渡来人の首長の古墳と考えられる。
7世紀頃の須恵器、金銀をはりつけた耳輪、青銅類、ガラス玉が出土した。

戻る
指定年月日 昭和45年11月 3日
18.岩神さん
岩神さん

岩神社の右側に巨大な岩がある。
巨石信仰として古代から「山の神」と称して、豊作を祈願し農業神を祝いまつり社を造ったという。
884年頃、菅公国内巡行の折参詣したものと思われる。
この菅公の参詣を記念するため世の中の人々は「駒の石」とよんでいる。

中世になってこの岩神を山頂に分遷したのが天満宮である。

戻る
指定年月日 平成 元年10月 3日
19.石層塔
石層塔

九重の石塔(角礫凝灰岩)で、軸部の正面には阿弥陀如来座像を、裏面には梵字が彫られている。
財田川の水害受難者の供養のために鎌倉時代末に建てられたと伝えられる。
公民館内に安置している毘沙門天像は、箸蔵寺住職阿闍利龍英が毘沙門庵を建てたときのものである。
戻る
指定年月日 昭和45年11月 3日 
20.千田堤
千田堤

財田川の洪水が樋盥橋下流の湾曲部を突破して大野側の田畑を侵食するのを防ぐため、樋盥橋から下流、全長約600m、幅6m、高さ1.3mで砂岩や礫、砂で構築し、水勢を緩める機能をもつ堤防である。
築造者は、大野出身の千田数馬興義である。のちに京極家の家老になった。
現在のものは、ふれあい公園建設にともない作られた模造である。

戻る
指定年月日 昭和45年11月 3日
21.平石
平石

古来、西光寺地区には巨大な岩盤(一枚岩)が地底にあると伝えられる。
これは、井戸を掘るとき、岩盤に突き当たって掘り進めないことや、地震のとき被害が少ないことなどで証明される。
平石はその岩盤の露頭部と考えられ、平石明神をまつって保存している。

戻る
指定年月日 昭和45年11月 3日
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
教育委員会 生涯学習課
〒767-8585 香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
Tel: 0875-73-3135  Fax: 0875-73-3140
E-Mail: こちらから