文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップフルーツ王国みとよ生産者の紹介曽保みかん (吉田まさゆきさん)
 
2009年11月19日 更新
印刷用ページを開く
曽保みかん (吉田まさゆきさん)
だいこん博士

なんといい眺め!
ここで実ったみかんはおいしいんやろなぁ。
曽保みかん
燧灘を一望する七宝山の西側斜面で、曽保みかんは今が食べどき売れどきとばかりに色つやを極め、たわわに実っています。
                    平成19年11月12日取材
みかん色のパーカがよく似合う吉田まさゆきさん
みかん作りに負けず劣らず、バドミントンも達者です。
吉田さんにインタビュー!

だいこん博士(以下=だ):吉田さんにインタビューします。 まず、おなまえを教えてください。
吉田まさゆきさん(以下=吉):ハニカミながら・・吉田まさゆきです。

:みかん歴は?
:みかんを作って10年目になるなぁ。

:趣味、特技は?
:日曜大工。子どもの為に、子どもの部屋用ログハウスを建てました。
吉田まさゆきさんこだわりの土作り
近海の魚粉、海草エキス、カキ殻など、海から採れるものを豊富に使った肥料にこだわったみかんは、コクのある味わいに仕上がっているそうです。
:なんと本格派やね!さすがこだわってますね!日曜大工まで極めるんやなぁ。

:ここが違う! こだわりは何でしょう?
:土作りです。近海の魚粉、海草エキス、カキ殻など、海から採れるものを豊富に使った肥料にこだわって、オリジナルのみかんを研究しています。海の恵みからいただいたコクのある味わいに仕上げています。

:これからの抱負は?
:おいしいみかん作りを目指して日々研究中!(きりっと!)これからも頑張ります!

今年のみかんの出来は、夏の少雨で小振りですが、糖度酸度ともに高く、濃い味のみかんだそうです。

吉田まさゆきさんより「甘いみかんの選び方」
・色づきが良い
・皮のきめが細い。
・軸は細い方がいい。


「みかんにもいろいろな個性があります。酸っぱいみかんに魅力を感じる人もいます。店に来て、見て、試食して、自分に合ったものを選んでほしい。ここに来れば、きっといいみかんに出逢えるはず。(まるで恋人に出逢ったみたいに…)」
みかん以外にもアスパラも作っています。(H20.04.07撮影)
 畑の畝を少なくすることで養分を集中させ、親指より太いアスパラが次々と伸びています。収穫は春先から秋口まで。
本文終わり
ページのトップへ
建設経済部 農林水産課
〒767-8585 香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
Tel: 0875-73-3040  Fax: 0875-73-3047
E-Mail: こちらから