文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップフルーツ王国みとよ生産者の紹介冬野菜の王様ブロッコリー (上村賀寿子さん)
 
2009年11月19日 更新
印刷用ページを開く
冬野菜の王様ブロッコリー (上村賀寿子さん)
だいこん博士案内人
濃い緑が鮮やかなブロッコリー畑
みとよ豊中の田園地帯。濃い緑が鮮やかなブロッコリー畑が目に入ります。冬の寒さの中でじっくり育ち、つぼみが大きくなるのを待って収穫を迎えます。 
              平成19年11月26日取材
ブロッコリー生産者の上村さん。広〜いブロッコリー畑を1人で管理されているそうです。
ブロッコリー名人にインタビュー!

だいこん博士(以下=だ):今回はなんと、ブロッコリー作り名人の先生に取材を申し込みました。こんにちは!お名前を教えてください。
上村さん(以下=上):こんにちは、上村賀寿子です。

:ブロッコリー作りを始めて何年になります?
:会社を辞め、本格的にしはじめて、8年目やね。

:ブロッコリーのこだわりの作り方は?
:日常の管理が一番やね。土作り、水、肥料全て。それで秀品率の割合を少しでも増やすこと。とにかく、ブロッコリーを大事にかわいがる。ブロッコリーに話ができるようにならないかん
:なるほど!趣味、特技は?
:アジサイづくり。

:アジサイづくりって手間かかるんですよね?
:ブロッコリーと同じやわ。心をこめて作るん。6月には庭いっぱいに咲いて、千人くらい見に来たでぇ。老人ホームや小学校の子どもたちも見に来たよ。それから、カラオケも好きで同好会を作っとるがな。

:へえ〜すごい。今まさに青春ですね。写真まで見せてくれてありがとう。

:これからの抱負を教えてください。
:愛情こめてつくった自慢のブロッコリー!11月から6月までコンスタントに収穫できるよう、栽培管理を研究していきたい。

〜おいしいブロッコリーの選び方〜

●つぼみの色が濃いもの
●切り口がみずみずしく、つぼみが盛り上がったもの
茎まで食べて〜のブロッコリン


かたい小さなつぼみは食感もよく美味だけど、茎も甘くておいしく、まるごとすべて食べられるんだ。捨ててしまいがちだけど、この茎にはつぼみと同じくらい栄養がつまっているのさ。(つぼみより、長く調理するのがコツ)
野菜のある生活(ブロッコリーの効能)
(ぼくがあなたのために調べた栄養成分である)

ビタミンCの含有量は野菜の中でもトップクラス。しみやしわを予防してくれ、美肌保持には欠かせません。まさに、女性の心強い味方ですね。ビタミンCは体の抵抗力を高める働きもあるので、風邪をひきやすいこれからの時期、積極的にとりたいですね。健康生活にどうぞ!
本文終わり
ページのトップへ
建設経済部 農林水産課
〒767-8585 香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
Tel: 0875-73-3040  Fax: 0875-73-3047
E-Mail: こちらから