文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ観光情報見どころいろいろ神社鉾八幡宮
前のページへ 
2015年4月30日 更新
印刷用ページを開く
鉾八幡宮
 財田上之村・中之村・西之村に、それぞれ鉾をご神体としてお祀りしていたものを天正6年(1578年)、城主大平伊賀守国秀が合祀して現在の七尾山に社殿を建立し、3村の総氏神としました。ご神体が鉾であったことから「鉾八幡宮」と言われています。
 昭和52年5月16日、火災により社務所・調度品がすべて燃えてしまいましたが、多くの人の力により、昭和53年3月に新社務所が再建されました。
 また他ではあまり見ることのできない”笠揃祭”があり、神事の前に社務所前で獅子舞が一斉に奉納されます。

場所:財田町財田上2336

アクセス:【お車などで】
      さぬき豊中インターから約20分。
      三豊市財田支所からすぐ。
県道観音寺池田線(5号線)沿いにある古い味わいのある社号石
こま犬もよく見るといろいろあるなあ。これはおもしろい。三豊市では玉乗りこま犬はめずらしいんとちがう?(ガンちゃん談)
この鳥居をくぐると、木立の中に緩やかな坂道が続きます
広い境内の中には本殿のほか、幣殿・拝殿・社務所・神輿庫(写真)などが建てられています
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
三豊市観光コンシェルジュ
電話 0875−24−9231
メール  info@mitoyocc.jp