文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ病気・怪我入院時の食事療養費の支給
 
2010年4月22日 更新
印刷用ページを開く
入院時の食事療養費の支給
 入院したときの食事代は、他の診療などにかかる費用などとは別に定額自己負担となります。国保が費用の一部を負担しますので、下記の標準負担額をお支払いください。
■ 入院時食事療養費の標準負担額(1食あたり)
区   分 負担額
一般(下記以外の人) 260円
住民税非課税世帯
低所得U(注1)
90日までの入院 210円
90日を超える入院(過去12カ月の入院日数) 160円
低所得T(注2) 100円
(注1)同一世帯の世帯主および国保の被保険者が住民税非課税の人。
(注2)同一世帯の世帯主および国保の被保険者が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる世帯に属する70歳以上の人。
  年収例:単独世帯で年金収入のみの場合、80万円以下
■ 住民税非課税世帯の人
 「標準負担額減額認定証」(70才以上の人は「限度額適用・標準負担額減額認定証」)が必要です。最寄りの支所窓口へ申請してください。
■ 住民税非課税世帯・低所得Uの人で、入院日数が90日を超える人
 「国民健康保険標準負担額減額認定証」または「限度額適用・標準負担額減額認定証」に「該当日」を記入しますので、入院日数が90日を超えたことのわかる医療機関の領収書等と一緒に、最寄りの支所窓口へ申請してください。
本文終わり
ページのトップへ
健康福祉部 健康課
〒767-8585 香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
Tel: 0875-73-3014  Fax: 0875-73-3020
E-Mail: こちらから