文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ暮らしの情報福祉・介護障がい者福祉
 
2012年5月2日 更新
印刷用ページを開く
障がい者福祉
身体機能に永続的な障がいがあり、身体障害者障害程度等級表に該当する方に交付される手帳です。
心身の発達、日常の生活・行動・知的能力・社会性など様々な観点から知的障がいがあると判定された方に交付される手帳です。
精神疾患を有する人のうち、精神障がいのため長期にわたり日常生活又は社会生活への制約がある方に交付される手帳です。
その年度の7月1日現在に身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・特定疾患医療受給者証の交付を受けている人で、三豊市内に1年以上住所を有し、在宅で生活している方に年1回福祉年金を支給します。
18歳以上の身体障害者手帳所持者であって、障がいの軽減や機能を回復するための医療を指定医療機関で受ける方に、医療費の助成をする制度です。
医療機関、薬局をそれぞれ1つずつ指定できます。
障害者手帳のしおり等、パンフレットの一覧を掲載しています。
20歳未満の、中程度以上の障がいのある児童を監護している父、母もしくは養育者に支給される手当です。
日常生活において、常時介護を必要とする20歳未満の、在宅の重度障がい児に支給される手当です。(支給要件があります。)
日常生活において、常時特別の介護を必要とする20歳以上の、在宅の重度障がい者に支給される手当です。(※支給要件があります。)
障がいのある方やその家族が住みなれた地域で安心して生活できるよう、悩みや疑問を一緒に考え、指導・助言を行います。
身体障害者手帳の交付を受けており、要件に該当する方が普通自動車運転免許を取得する際に、経費の一部を助成します。
在宅の、重度の障がいのある方が日常生活上の困難の改善や自立した生活の支援、かつ社会参加を促進するために、用具を給付します。
身体の失われた部分や障がいのある部分を補って、職業その他日常生活の能率の向上を図る用具を交付(又は修理)します。
障がいのある方が地域で安心して暮らせるよう、またできるだけ自立した生活を送れるよう、障害者総合支援法に基づいた福祉サービスを提供します。
聴覚・音声・言語機能に障がいがある方が、手話通訳や要約筆記を必要とした場合に派遣します。
重度の障がいがある方が、就労等のために自らが所有し運転する自動車を改造するときに、改造費用の一部を助成します。
障がい福祉に関する、よくあるお問い合わせを掲載しています。
身体障害者手帳の交付対象とならない、軽度・中等度の難聴児に対し、補聴器の購入に要する費用の一部を助成します。
18歳未満の、身体に障がいのある児童又は現存する疾患を放置すれば将来において障害を残すと認められる児童であって、確実な治療(主に手術)が期待できるものを対象に医療の助成を行います。(指定育成医療機関で治療する場合に限られます。)
児童福祉法に基づき、障がいのある児が施設に通い、日常生活の基本的な動作の指導や集団生活への適応訓練などを受けることができます。
統合失調症、うつ病、てんかん、精神作用物質による急性中毒症又はその依存症等、精神疾患の治療をするため指定医療機関へ通院する場合に、医療費の助成をする制度です。
医療機関、薬局、訪問看護事業所をそれぞれ一つずつ指定できます。
福祉課では障がい等に関する相談を随時受け付けております。ここでは障がい等に関する、外部の相談窓口の一覧を掲載しています。
有料道路を利用する場合に、通常料金が5割引になります。
障がいのある方を対象とした、NHK放送受信料の減免があります。
障がい者本人や障がい者と生計同一の方、障がい者を常時介護する方が運転する自動車で、要件に該当する場合、税の減免が受けられます。
納税者本人又は控除対象配偶者や扶養親族に障がい者がいる場合、控除があります。
重度の障がいのある方が、日常生活が容易になるよう住居等の改造・改修を行うときに、工事費用の一部を助成します。
本文終わり
ページのトップへ
健康福祉部 福祉事務所 福祉課
〒767-8585 香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
Tel: 0875-73-3015  Fax: 0875-73-3023
E-Mail: こちらから