文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップみとよHOTほっとNEWS平成31年度の話題10月10月10日(木)
前のページへ 
2019年10月10日 更新
印刷用ページを開く
10月10日(木)
身体を動かすことの楽しさを学ぼう!(カマタマーレ讃岐選手が勝間小を訪問)
9月24日、勝間小学校でカマタマーレ讃岐トップチームの選手が体育の授業に参加し、運動の楽しさを伝えました。
▲この日訪問したのは、カマタマーレ讃岐の柳田健太選手(前方左)と森川裕基選手(左から2番目)
▲まずは、準備運動を兼ねて全員で鬼ごっこ。鬼になった選手に捕まらないよう、グラウンド中を走り回って逃げます
▲次は、赤いコーンめがけてボールを蹴るゲーム。見事コーンに当たるとコーンを重ねます。どんどん遠くなるけど、当たるかな!
▲カマタマーレ讃岐の篠原アカデミースタッフから、キック対決についての説明を受けます。みんな真剣な眼差し
▲こちらは、男子チーム。子どもたちは選手と一緒に一生懸命走り、ゴールをめざします
▲女子チームも負けていません。選手からボールを取ろうと必死です
▲体育の授業終了後に、5年生と6年生みんなで記念撮影!
▲集まった報道機関から森川選手へのインタビュー。「何事もコツコツ努力すること、最後まであきらめない気持ちを持ってもらいたいです」と語ります
▲体育館に移り、マスコットキャラクターさぬぴーと合流。全校集集会に参加し、リフティングやロングパスを披露してくれました
▲最後に全校児童と一緒にパチリ!
 子どもたちの健康改善を目的に、カマタマーレ讃岐トップチームの選手が勝間小学校を訪問し、体を動かすことの楽しさや仲間と何かを成し遂げる達成感を伝えました。
 5・6年生対象の体育の授業では、サッカーボールを使ってゲームに挑戦。プロのサッカー選手と一緒にプレイできるとあって、子どもたちは目を輝かせていました。
 続いて、選手は体育館での全校集会に参加し、「家の中でオンラインゲームばかりしないで、体を動かそう」と呼びかけました。体育館全体を使ってロングパスを見せてくれたり、リフティングの技を披露してくれたりしました。間近で見る迫力に子どもたちも大喜びでした。
 児童からの質問コーナーでは、「どうやって技を覚えているのですか」という質問に対し、「上手な選手のプレーを見て覚えて練習しています」と答えてくれました。
 この後、選手は上高瀬小学校と笠田小学校も訪問し、運動の楽しさを伝えました。
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
総務部 秘書課
〒767-8585 香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
Tel: 0875-73-3001  Fax: 0875-73-3030
E-Mail: こちらから