文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップみとよHOTほっとNEWS平成29年度の話題8月8月28日(月)
前のページへ 
2017年8月28日 更新
印刷用ページを開く
8月28日(月)
読解力と表現力をみがく(みとよ未来創造塾 サマースクール)
 8日から10日まで、旧河内小学校でみとよ未来創造塾主催サマースクールが行われました。中学1年生23人が参加し、東京大学や慶應義塾大学の学生から国語を学びました。
最終日は3日間の集大成として最難関中学の入試問題を解きました
▲最終日は3日間の集大成として最難関中学の入試問題を解きました
解説の時間。「これまでに学んだ問題の解き方ができたかな」
▲解説の時間。「これまでに学んだ問題の解き方ができたかな」
大学生の先生から中学生一人ひとりに講評
▲大学生の先生から中学生一人ひとりに講評
質問タイムでは、英単語の覚え方を実践しながら教えてくれました
▲質問タイムでは、英単語の覚え方を実践しながら教えてくれました
サマースクールは様々な人の支援により開催しました。お礼のお手紙を書く学生
▲サマースクールは様々な人の支援により開催しました。お礼のお手紙を書く学生
東京大学や慶應義塾大学教授の鈴木寛先生。教科書の改訂にも携わる先生から学生たちに意見を聞きます
▲東京大学や慶應義塾大学教授の鈴木寛先生。教科書の改訂にも携わる先生から学生たちに意見を聞きます
読書の重要性を伝える鈴木先生
▲読書の重要性を伝える鈴木先生
3日間一緒に勉強に励んできた、中学生とスタッフ
▲3日間一緒に勉強に励んできた、中学生とスタッフ
鈴木寛先生、香川高専校長の八尾健先生、横山市長による読書や教育についてのパネルディスカッションも行いました
▲鈴木寛先生、香川高専校長の八尾健先生、横山市長による読書や教育についてのパネルディスカッションも行いました
 授業では、勉強の基礎である国語を中心に、読解力や表現力を鍛えていくため、高校入試の問題に時間をかけて取り組み、問題の解き方を学んでいきました。特に、学校の授業との違いは、模範解答を採点しながら、表現の仕方を考えること。この方法で、表現のコツを学んでいきます。
 参加した中学生は「初めは嫌いだった国語が参加するにつれてだんだん問題が解けるようになり、好きになってきました」「講師の大学生に3日間で伸びたねと言ってもらえて自信が持てました」「別の中学校の子とも交流ができてよかった」と感想を話してくれました。
 また、東京大学や慶應義塾大学で教鞭をふるう鈴木寛先生が三豊市に訪れ、中学生に講演しました。「本はなくなった人や世界中の人とお話ができるもの。本を読むことで考える力を鍛えることもできます。本好きになってくださいね」と鈴木先生。とても貴重な話を聞くことができました。
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
総務部 秘書課
〒767-8585 香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
Tel: 0875-73-3001  Fax: 0875-73-3030
E-Mail: こちらから