文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ産業・建設まちづくり新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法について
 
2019年2月19日 更新
印刷用ページを開く
新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法について

 平成28年4月に発生した熊本地震においては、旧耐震基準(昭和 56年5月以前に建築された建築物)による建築物に加え、新耐震基準の在来軸組構法の木造住宅のうち、接合部等の規定が明確化された平成12年以前に建築されたものについても、倒壊等の被害が見られました。
 このため、国土交通省は、既存の木造住宅について、平成12年以前のものを中心に、リフォーム等の機会をとらえ、同年に明確化した仕様に照らして、接合部等の状況を確認することを推奨しています。
 これを受け、(一財)日本建築防災協会において「新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法(新耐震木造住宅検証法)」がとりまとめられ、同協会ホームページにおいて公開されました。

 詳細は、リンク先をご覧ください。


■国土交通省ホームページは→こちらから
■(一財)日本建築防災協会ホームページは→こちらから

本文終わり
ページのトップへ
建設経済部 建築住宅課
〒767-8585 香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
Tel: 0875-73-3044  Fax: 0875-73-3047
E-Mail: こちらから