文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップみとよHOTほっとNEWS平成28年度の話題2月2月3日(金)
前のページへ 
2017年2月3日 更新
印刷用ページを開く
2月3日(金)
農業ビジネスをテーマに講演会(農業委員会研修)
 1月30日(月)、高瀬町農振環境改善センターで農業委員研修会が行われ、農業委員と農地利用最適化推進委員の約70人が講演会を聴講しました。
講師は、耕作放棄地の再生などに取り組む(株)マイファームの浪越隆雅さん
▲講師は、耕作放棄地の再生や新規就農者向けのビジネススクールを展開する(株)マイファームの浪越隆雅さん。浪越さんが仁尾町出身ということもあり、今回の講演が実現しました
「特定のことを熱狂的に好きな層が存在します。その人々を味方に付けるのがビジネスチャンスにつながります」とアドバイス
▲「特定のことを熱狂的に好きな層が存在します。その人々を味方に付けたところにビジネスチャンスがあります」とアドバイス
 講演会では、(株)マイファームで専務取締役を務める講師の浪越さんから、マイファームの取り組みや新しい農業ビジネスについて話がありました。
 「農業」という業界に新しい人が加わろうとするのには資金や知識、設備などの面でハードルが高い。そのことを自身も体験したことから、現在、浪越さんは農業を始めたい人をサポートしながら、ビジネスとして農業を成立させる仕組みづくりに携われています。
 全国各地の事業を展開する浪越さんが勧めるのが、農業に別の産業の要素を取り入れること。例として、福祉の分野と大手企業とを農業に結びつけて、双方が利益を得る道を開いた話を紹介されました。ほかにも、旅行会社と連携してツアーの行き先に農作物の収穫体験を取り入れたり、メーカーが農具の商品開発をする際に、農家の意見を反映させたりしたことも。
 「他業界とつながるチャンスがあれば、臆せずに飛び込むことが大事です。また、外から人がどんどん地域に入っていくと、産業が回り、潤います。新規就農者や新しい取り組みをする人がいたら、全力で応援してあげてください!」
 “稼げる農業”のお話からは農業の持つ可能性が伝わってきました。
 
ほんまもんメルマガ登録サイトへ
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
総務部 秘書課
〒767-8585 香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
Tel: 0875-73-3001  Fax: 0875-73-3030
E-Mail: こちらから