文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ観光情報イベントINFOコミュニティバス路線沿線お勧めスポット案内弥谷寺 Iyadaniji Temple
前のページへ 
2019年5月22日 更新
印刷用ページを開く
弥谷寺 Iyadaniji Temple
(いやだにじ)
日本三大霊場
四国八十八箇所霊場の第七十一番札所。死者の霊魂が行く山といわれ天平年間に行基が開山し、弘法大師が幼年期に修行を積んだ場所とされています。弥谷寺のある弥谷山は、古来より霊山(仏山)として信仰され、日本三大霊場(恐山・臼杵磨崖仏・弥谷山)の一つに数えられたと言われています。
仁王門から本堂までの急勾配な石段は、540段という難所。苦労してたどりついた本堂からは、讃岐平野を見渡すことができ、爽快な気持ちにさせてくれます。大師堂は、岸壁を背に囲まれたように建てられていて、中へ入ると獅子が口を開いたような形をした岩窟があり、大師像など、数々の仏像が安置されています。また、岩という岩に弘法大師が仏像を刻んだといわれ、県の史跡に指定されている磨崖仏(まがいぶつ)も残されています。

Iyadaniji Temple is #71 on the Shikoku 88 Temple Pilgrimage Route. The mountain on which the temple is built has a long history. During the early 700s, Buddhist Priest Gyouki declared the mountain as a place where the spirits of the dead gather, and Buddhist Monk Kukai came to visit during his youth. Since ancient times, the mountain has been believed to be a place for the dead, and so it is counted as one of the top three most spiritual places in Japan, along with Mt. Osore in Aomori and the Usuki Stone Buddhas in Oita. From the main gate to the main hall, there is a steep incline with 540 stone steps. After an exhausting climb to the main hall, it is refreshing to see the magnificent view that overlooks the Sanuki Plains. The enshrined deity hall is unique, with the hall itself built into the walls, and the inside cavern with an opening that looks like a lion’s mouth. Inside the cavern is the statue of the enshrined deity, who sits stoically on top of a boulder. There are also Buddha statues carved into the stone walls that are said to have been carved by Kukai himself and have been designated as a historical artifact by the prefecture.
バス路線名 最寄バス停 徒歩所要時間
三野線   路線情報 ふれあいパークみの 参道口まで約3分
本堂まで約15分
詫間三野線 路線情報
 
 
ルート案内はこちら⇒

 
ルート案内は「Googleマップアプリ」が必要です。
インストールされてない場合は以下からダウンロード。
 
Androidはこちらから
 
 iphonはこちらから
磨崖仏
紅葉の参道
 

 
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
政策部 観光交流課
〒767-8585 香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
Tel: 0875-73-3013  Fax: 0875-73-3022
E-Mail: こちらから