文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ観光情報見どころいろいろ寺院さぬき三十三観音霊場第19番 覚城院
前のページへ 
2019年3月29日 更新
印刷用ページを開く
さぬき三十三観音霊場第19番 覚城院
 弘仁10年(819年)弘法大師により七宝山麓に創建された古刹。本尊の千手観音立像は県の指定文化財に、境内の鐘楼は国の重要文化財になっています。  

場所:仁尾町仁尾丁845

アクセス:【お車などで】
      三豊鳥坂インターから約20分。
      さぬき豊中インターから約25分。
      三豊市仁尾支所から約2分。

 
覚城院は、天正7年3月3日に長曽我部元親に攻められて落城した、細川頼弘の居城だった仁尾城跡でもある
入母屋造りで袴腰のついた桃山建築様式の鐘楼
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
政策部 観光交流課
〒767-8585 香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
Tel: 0875-73-3013  Fax: 0875-73-3022
E-Mail: こちらから