文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップみとよHOTほっとNEWS平成27年度の話題7月7月21日(火)
前のページへ 
2015年7月21日 更新
印刷用ページを開く
7月21日(火)
津軽三味線が奏でる音色に感動(詫間小学校)
津軽三味線ユニット「あんみ通(あんみつ)」によるデモンストレーション
▲津軽三味線ユニット「あんみ通(あんみつ)」によるデモンストレーション
生演奏で聞く津軽三味線の音色に感動!
▲生演奏で聞く津軽三味線の音色に感動!
三味線の構造について説明
▲三味線の構造について説明
「花は咲く」を合奏♪
▲「花は咲く」を合奏♪
大きな声で歌います♪
▲大きな声で歌います♪
間近で見る津軽三味線に興味津々
▲間近で見る津軽三味線に興味津々
発表会に向けて練習
▲発表会に向けて練習
そうそうイイ感じ!
▲そうそうイイ感じ!
思い切って弾くのがコツ
▲思い切って弾くのがコツ
 平成27年度文化芸術による子どもの育成事業「三味線物語」ワークショップが9日、詫間小学校で行われました。
 この事業は、文化庁が全国の小中学校を対象に、子供たちに質の高い文化芸術を鑑賞・体験する機会を提供し、ワークショップを通して、子供たちの豊かな創造力・想像力や,思考力,コミュニケーション能力などを養うことを目的に行われています。
 この日行われたワークショップは2部構成で、全校生徒を対象にした最初のワークショップでは、津軽三味線ユニット「あんみ通(あんみつ)」のお二人から、三味線にまつわる話を聞いたり、テレビなどで馴染みのある曲の津軽三味線演奏を聴いたりと、三味線への造詣を深めました。また、復興ソング「花は咲く」をピアノと津軽三味線の音色に合わせ、全校生徒で上手に歌いました。
 第2部のワークショップでは、あんみ通のお二人から6年生9名に対し、バチの持ち方や弦の弾き方などの指導が行われました。児童らは、はじめて触る三味線に少し緊張気味でしたが、30分ほどの指導でみるみる上達しました。
 ワークショップに参加した6年生の河野泰陽君は「最初はバチを持つ手が痛かったけど、途中からだんだん楽しくなってきて、最後の方では痛いのが気にならなくなるくらい夢中になって弾きました」と感想を語ってくれました。
 この練習の成果は、9月30日に保護者や地域の人を招いて開催されるコンサートで披露されます。コンサート当日は、津軽三味線のほか、中国の三弦、沖縄の三線、義太夫や長唄の三味線も加わるそうです。お楽しみに!
ほんまもんメルマガ登録サイトへ
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
総務部 秘書課
〒767-8585 香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
Tel: 0875-73-3001  Fax: 0875-73-3030
E-Mail: こちらから