文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップみとよHOTほっとNEWS平成26年度の話題3月3月11日(水)
前のページへ 
2015年3月11日 更新
印刷用ページを開く
3月11日(水)
里川から豊かな環境づくりを考える(三里会設立総会・環境研修)
宮川流域の森林を観察
▲宮川流域の森林を観察
検査キットを用いて、水質を検査
▲検査キットを用いて、水質を検査
数カ所で検査を実施。水質は良いとの結果
▲数カ所で検査を実施。水質は良いとの結果
参加者全員で川にたまった土砂を取り出し、ごみがないかを確認
▲参加者全員で川にたまった土砂を取り出し、ごみがないかを確認
 里川から里山・里海を考える市民協議会「三里会」の設立総会と環境研修が2月28日、豊中コミュニティセンターおよび大水上神社周辺で開催されました。
 これは、地域の環境改善活動の推進を目指し発足したもので、高瀬町や豊中町を流れる宮川流域の保全活動を行う団体の構成員や学校教諭、水利組合の皆さんが参加しました。
 環境研修では、宮川上流域の大水上神社周辺など数カ所で水質検査を実施。検査キットを使って水質の状況を調べたほか、川底にたまった土砂を取り出し、ごみなどが入っていないかを確認しました。
 三里会に加入し、「大水上の森を守る会」の代表を務める白川武さんは「川をきれいにするだけではなく、どんなごみがあるか、そして、なぜここにそのようなごみがあるかという原因を究明することが大人の役割です。里川の環境保全活動を通じて、里山・里海に対する意識改革をみんなで共有していきたいです」と話してくれました。
 三里会では今後、まちづくり推進隊豊中と協力して、ごみ拾いや学校での出前授業など地域に根ざした環境保全活動を行っていきます。
ほんまもんメルマガ登録サイトへ
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
総務部 秘書課
〒767-8585 香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
Tel: 0875-73-3001  Fax: 0875-73-3030
E-Mail: こちらから