文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップみとよHOTほっとNEWS平成26年度の話題8月8月5日(火)
前のページへ 
2014年8月5日 更新
印刷用ページを開く
8月5日(火)
ソコソコ想像所で 想像力を発揮!(粟島)
 日比野克彦ワークショップ『ソコソコ想像所 昔むかしあるところに・・・』が7月26日、粟島海洋記念館内のソコソコ想像所で行われました。これは、ART SETOUCHI2014の一環として行われたもので、子ども14人を含む25人が参加しました。
 参加した皆さんは、海底から引き揚げたものを見て「これはきっと○○だ」「○○かもしれない」と、いろいろ想像して物語を作ります。物語ができると、引き揚げたものをつたじま渡船の一昨日丸(おとといまる)に展示。『海の底のものがたり展』として、仁尾港から蔦島を訪れるお客様に見ていただけます。
 学校でチラシをもらって参加した齊賀叶歩人(かあと)君(仁尾小4年)と士歩人(しあと)くん(仁尾小2年)は「物を見ていろいろ想像するのは難しかった」と言いながらも、子どもらしい、おもしろい発想で物語を作っていました。
 どんな物語ができたのか、興味のある方はぜひ、つたじま渡船に乗ってください。きっと、楽しくて思わず笑顔になっちゃうような物語に出会えますよ。
まずは、物語づくりの説明を聞きます。私にもできるかな?
▲まずは、物語づくりの説明を聞きます。私にもできるかな?
ソコソコ想像所へ移動します。今日はとってもいい天気。空も海もきれい
▲ソコソコ想像所へ移動します。今日はとってもいい天気。空も海もきれい
ソコソコ想像所で、想像する「もの」探し。私のはどれかな〜?
▲ソコソコ想像所で、想像する「もの」探し。私のはどれかな〜?
粟島に来ている芸術家の松田さんも、子どもたちといっしょに、あれこれ想像します
▲粟島に来ている芸術家の松田さんも、子どもたちと一緒にあれこれ想像します
こちらは、芸術家の岩田さんと、何やら真剣に想像中
▲こちらは、芸術家の岩田さんと何やら真剣に想像中
「これ、何?」日比野さんの問いかけに「これはコマ。30年くらい前に、けんじくんがアメリカでコマをして遊んでいたんだよ」
▲「これ、何?」日比野さんの問いかけに「これはコマ。30年くらい前に、けんじくんがアメリカでコマをして遊んでいたんだよ」
見ているうちに、どんどん想像が膨らんでいきます。楽しい〜!
▲見ているうちに、どんどん想像が膨らんでいきます。楽しい〜!
物語ができたら、一昨日丸(おとといまる)に展示
▲物語ができたら、一昨日丸(おとといまる)に展示
「立派な芸術作品に見えてくるから、不思議だよね」とは、日比野さんの弁
▲「立派な芸術作品に見えてくるから、不思議だよね」とは、日比野さんの弁
船内には日比野さんお手製の看板も完成。
▲船内には日比野さんお手製の看板も完成。展覧会らしくなってきた〜!
皆さんの素晴らしい想像を乗せて、一昨日丸は仁尾港へ・・・
▲皆さんの素晴らしい想像を乗せて、一昨日丸は仁尾港へ・・・
ほんまもんメルマガ登録サイトへ
つたじま渡船の情報はこちら
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
総務部 秘書課
〒767-8585 香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
Tel: 0875-73-3001  Fax: 0875-73-3030
E-Mail: こちらから