みとよのみプロジェクト

更新日:2020年05月20日

みとよのみプロジェクトとは?

みとよのみプロジェクトとは、三豊市にある魅力的な農産物、水産物の他、今後、魅力となる新しいものを「三豊の実」として6次産業化や地域産品の開発に取り組み、食を支える一次産業の新たな魅力を発掘するプロジェクトです。

イベントの様子1

販売促進イベントの様子(高知市内)

イベントの様子2

みとよのみ収穫祭の様子(高松市栗林公園)

みとよのみロゴデザイン

「“三豊”の“み”」であることがわかりやすくなるよう丸い実の中にひらがなでおいしい顔を描いたロゴデザインです。実りを思わせる朱色と黄色をメインに、遠くからでも目をひくような配色です。美しい自然環境やいろいろな農産物など三豊市の魅力が凝縮されたかわいらしいデザインです。三豊市地域農産物付加価値づくりに参加いただき、このプロジェクトに取り組む生産者さんたちにご意見をいただき考案されました。

ロゴ黄色

ロゴマーク(黄色)

ロゴ赤色

ロゴマーク(赤色)

みとよのみプロジェクトのメンバーを募集します。

参加メンバー募集

 

三豊市では、一般財団法人地域総合整備財団(ふるさと財団)の地域再生マネージャー事業を活用し、三豊市の農産物の付加価値の創造や6次産業化の取り組みを支援することで農産物の堀りおこしを図ることを目的とし、ワークショップ等を通じてチャレンジするものです。そこで三豊の農産物の付加価値を創造する意欲があり、チャレンジしたい農業者や農産物を扱う事業者を募集します。

ワークショップの様子1

ワークショップの様子(三豊市役所)

イベントの様子2

ワークショップの様子(ふれあいパークみの)

一般財団法人地域総合整備財団(ふるさと財団)とは

一般財団法人地域総合整備財団(ふるさと財団)は、民間能力を活用した地域の活性化を支援するため、昭和63年に都道府県及び政令指定都市のすべてが出捐する財団法人として発足しました。当財団は、地域活性化につながる融資であるふるさと融資をはじめ、地域再生の取組、公民連携の推進、地域産業の創出・育成への支援など、各種事業を実施しており、これらを通じて「ふるさとの元気を引き出す」ためのお手伝いをしています。

プロジェクトメンバー募集対象

プロジェクトでは、以下のような方々をみとよのみプロジェクトメンバーとして新しく募集します。

1)地域資源である農産物や水産物の付加価値づくりにチャレンジしたい方

2)地元の農産物を用いた商品開発、販路開拓など新しい取組みを考えている方など

3)地域の農産物に届けたい強い想いやこだわりを持って生産している農林水産事業者の方など

商品一覧1

みとよのみ商品

商品一覧2

募集条件

以下、1、2の条件を満たす者を対象とします。

1)三豊市内で農業を営む農業者、農林水産業および農産物販売や農産物を取扱う事業者(農業者団体、特定非営利活動法人、組合、産直・道の駅、飲食店等)、香川県内または三豊市内に、本社または主たる事業所を有し、三豊市農産物を用いた商品開発、加工、販売を考えている事業者等。また地域農産物を活用した起業を考えている三豊市に住所を有する個人。

2)県税や市税を滞納していない者。 (ただし生産者による任意団体は除く。)

 

事業参加者 募集期間

令和2年5月20日(水曜日)から 令和2年8月31日(月曜日) まで

 <申込み方法> 参加申込書を、郵送、メールまたはファックス番号でご送付ください。

(なお参加資格確認のため、納税証明書等を提出いただく場合がございます。)

お問い合わせ

建設経済部 農林水産課
〒767-8585
香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
電話番号:0875-73-3040
​​​​​​​ファックス:0875-73-3047

お問い合わせはこちらから