三豊市公式モバイル
みとよのほんまもん



季節ならではの新茶をどうぞ

おいしい新茶のいただき方
@沸騰したお湯を直接急須にいれず、まずは器(湯のみ)に入れます。器に入れることで約10度温度が下がります。

A急須に茶葉を人数分入れ(1人分ティースプーン1杯)、器に入っている湯を急須に移します。こうすることで湯を適温にし、器を温め、人数分の湯量を量れます。このひと手間が新茶特有の甘みと余韻を引き出します。

Bフタを開けず、あまり揺らさず、葉が開くのをワクワクしながら待ちます(1分〜1分半)。

C葉が開いたら、最後の一滴まで残らず注いで出来上がり。


新茶に関するお問い合わせはこちら

高瀬茶業組合
メールはこちら

M ITOYO C ITY M OBILE
Kagawa JP
Copyright 2008
MITOYO CITY
All Rights Reserved