文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ三豊市の行政情報三豊市選挙情報香川県知事選挙のお知らせ(投票日8月26日)
 
2018年8月28日 更新
印刷用ページを開く
香川県知事選挙のお知らせ(投票日8月26日)
【お知らせ】
香川県議会議員補欠選挙(三豊市選挙区)については、立候補者が1名のみであったため無投票となりました。(※香川県知事選挙の投票は行われます。) 
1.投票日当日の投票所
投票所はこちらをご覧ください。 → 市内投票所一覧
 
投票日当日は、投票所入場券に記載された投票所においてのみ投票できます。どの投票所で投票できるかは、郵送される投票所入場券でご確認ください。
戻る
2.期日前投票
投票日当日に、仕事や冠婚葬祭等の用務がある人、旅行やレジャー等で投票区の区域外に出掛ける人、病気等で歩行が困難な人等、一定の事由に該当すると見込まれる人は、期日前投票ができます。
期日前投票のための「投票用紙等請求書兼宣誓書」を投票所入場券の裏面に印刷しています。期日前投票をされる場合は、あらかじめ必要事項を記入して期日前投票所に持参してください。投票所入場券を持参されない場合は、期日前投票所で「投票用紙等請求書兼宣誓書」の記入が必要になります。
期日前投票所を設ける場所 期   間
 時   間
市役所西館大会議室  (地図) 8月10日(金)〜8月25日(土) 午前8時30分〜午後8時
山本庁舎2階大会議室 (地図)
8月23日(木)〜8月25日(土)
詫間福祉センター1階第1会議室 (地図)
※ 上記のいずれの期日前投票所においても投票できます。
※ 投票日当日には18歳に達しているが、期日前投票をしようとする日にはまだ17歳の人は、期日前投票ではなく不在者投票をすることになります。不在者投票ができる場所は、市役所西館大会議室の1箇所のみになります。
戻る
3.転入・転出等をした場合
 ◎転入した場合
→平成30年5月8日以前に三豊市に転入の届出をして、引き続き三豊市に住所を有する人は、8月10日からの期日前投票および投票日当日に投票できます。
→平成30年5月8日から5月16日の間に三豊市に転入の届出をして、引き続き三豊市に住所を有する人は、8月16日からの期日前投票および投票日当日に投票できます。
→平成30年5月17日以降に転入の届出をした人は、まだ三豊市の選挙人名簿には登録されていませんので、三豊市では投票できません。
 
◎香川県内の他の市町に転出した場合
今回の選挙において三豊市の選挙人として投票するためには、原則として三豊市内に引き続き3か月以上住所を有することが必要ですが、特例として、三豊市から引き続き香川県内の他の市町に住所を移した方で、まだ三豊市の選挙人名簿に登録されており、かつ、転出先市町の選挙人名簿にまだ登録されていない場合は、「引き続き香川県内の区域内に住所を有する旨の証明書」を提示、もしくは投票所において「引き続き香川県内の区域内に住所を有する旨の確認申請」をし、その事実が確認できれば、三豊市の選挙人として投票することができます。
 
≪次のいずれかの方法で行います≫
1.投票する際の投票所で「引き続き香川県内の区域内に住所を有する旨の確認申請」を行う。
  様式:引き続き香川県内の区域内に住所を有する旨の確認申請書(投票所等にも備えています)
 
2.事前に三豊市役所市民課または、県内市町の市役所・町役場の住民基本台帳担当課で「引き続き香川県の区域内に住所を有する旨の証明書」の交付を受け、投票の際に提示する。
 ※引き続き香川県の区域内に住所を有する旨の確認(証明)手続きをするためには、新住所地の市町に転入届をしている必要があります。
 ※「引き続き引き続き香川県の区域内に住所を有する旨の証明書」を事前に取得される場合は、交付申請時に本人確認ができる書類(運転免許証、個人番号カード、パスポート 等)が必要です。また、代理人により申請をする場合は委任状が必要です。
 ※三豊市から他市町に転出後、さらに香川県外へ転出した人は投票できません。
 ※転出日までに期日前投票をする人、投票日以降に転出する人については、証明書は不要です。
 
◎香川県外に転出した場合
香川県外に転出した場合は、たとえ投票所入場券が届いても、選挙権が喪失しますので投票できません。
 
◎三豊市内で転居した場合
平成30年7月27日までに三豊市の区域内で転居された方は、転居後の住所地の投票所で投票を行うことができますが、7月28日以降に転居された方は、転居前の住所地の投票所において投票を行うことになります。
 
戻る
4.投票所入場券
 当日の投票所又は期日前投票所において、投票所入場券を持参して選挙人名簿の対照を受けてください。 なお、投票所入場券は、受付をスムーズに行うためのものですので、持参していない場合でも選挙人名簿と照合して本人確認ができれば投票を行うことができます。
(投票所入場券)
戻る
5.選挙公報
選挙公報は、8月24日(金)までに各世帯に配布します。選挙公報が届かない場合は、三豊市選挙管理委員会まで御連絡ください。
また、三豊市役所及び各支所にも配置します。
 
香川県選挙管理委員会ホームページでもご覧になれます。
 
 
戻る
6.指定病院等における不在者投票
都道府県選挙管理委員会から不在者投票ができる施設として指定を受けた病院・老人ホーム等に入院・入所し、投票日当日に投票が困難な人は、指定施設で不在者投票ができます。
指定病院等、不在者投票指定施設における不在者投票
不在者投票のできる人 香川県選挙管理委員会が指定した病院、老人ホーム等に入院・入所中の人で、投票日当日の投票が困難な人
不在者投票のできる期間 香川県知事選挙:8月10日(金)〜 8月25日(土)  
時間:午前8時30分 〜 午後5時
不在者投票のできる場所 不在者投票指定施設(香川県内) ※クリックで施設一覧を表示します
不在者投票の手続
(手続の概要)  
 @ 施設の長(不在者投票管理者)に不在者投票用紙等の請求を依頼してください。
 A 施設の長が、三豊市選挙管理委員会に不在者投票用紙等を請求します。
 B 施設の長の管理の下、指定施設内で不在者投票をしてください。
 
戻る
7.滞在先の選挙管理委員会における不在者投票
生活の本拠が三豊市にあり、三豊市の選挙人名簿に登録されているが、仕事等のため一時的に三豊市外に滞在しており、投票日当日の投票が困難な場合は、三豊市選挙管理委員会へ不在者投票用紙等を請求することにより、滞在先の市区町村選挙管理委員会で不在者投票が行えます。
滞在先の選挙管理委員会における不在者投票
不在者投票のできる人 仕事等のため一時的に三豊市外に滞在し、投票日当日の投票が困難な人
不在者投票のできる期間
滞在先の市区町村選挙管理委員会にお問合せください
不在者投票のできる場所 滞在先の市区町村選挙管理委員会
不在者投票の手続
(手続の概要)  
@選挙人本人が「投票用紙等請求書兼宣誓書」により三豊市選挙管理委員会に不在者投票用紙等を請求してください。
 ・投票用紙等請求書兼宣誓書 ※クリックで様式を表示します
 【送付先】〒767-8585 香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1 三豊市選挙管理委員会 宛て
 
A三豊市選挙管理委員会に票用紙等請求書兼宣誓書が届いたら、請求者の滞在先の住所に不在者投票用紙等を郵送します。
B不在者投票用紙等が届いたら、届いた書類一式をそのまま滞在先の市区町村選挙管理委員会に持参して、不在者投票をしてください。
注意事項等 ※自宅等では投票用紙に記載しないでください。滞在先の選挙管理委員会の管理の下に不在者投票をしなければ無効になります。
※郵送された「不在者投票証明書在中」と記載された封筒は、絶対に開封しないでください。開封すると投票できなくなります。
※不在者投票ができる期間及び時間は、8月10日(金)以降となります。なお、滞在先の選挙管理委員会の執務時間内(滞在先の市区町村で選挙が行われている場合は、例外あり。)になりますので、滞在先の選挙管理委員会にお尋ねください。
※滞在先の選挙管理委員会で投票済みの不在者投票用紙は、滞在先の選挙管理委員会から三豊市選挙管理委員会へ郵送されます。滞在先の選挙管理委員会で不在者投票を済ませても、最終的に三豊市において当日投票所を閉じる時刻(8月26日(日)午後8時)に、不在者投票用紙の到達が間に合わなければ有効な投票にはなりません。不在者投票用紙等の請求を速達扱いにする、不在者投票用紙等が届いたらすぐに滞在先の選挙管理委員会で不在者投票を済ませる等、手続はできる限りお早めにしてください。
※三豊市から県内の市町へ転出し、まだ三豊市の選挙人名簿に登録されている人が、不在者投票により投票しようとする場合には、投票用紙等請求書兼宣誓書の「引き続き居住確認」欄にチェック印を記入ください。
 
戻る
8.郵便等による不在者投票
自宅等現に所在する場所で自ら投票用紙に投票の記載を行い、郵便等により送付する投票制度です。
郵便等による不在者投票を行う人は、あらかじめ三豊市選挙管理委員会から「郵便等投票証明書」の交付を受けておく必要があります。
 郵便等による不在者投票
(1)郵便等による不在者投票ができる人 @郵便等による不在者投票ができる人は、次の事項に該当する人です。
 ○身体障害者手帳所持者
  ・両下肢、体幹、移動機能の障害:1級・2級
  ・心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の障害:1級・3級
  ・免疫、肝臓の障害:1級から3級まで
 ○戦傷病者手帳所持者
  ・両下肢、体幹の障害:特別項症から第2項症まで
  ・心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓の障害:特別項症から第3項症まで
 ○介護保険における要介護者
  ・要介護状態区分:要介護5
 
A また、上記の@の事項に該当し郵便等による不在者投票ができる人のうち、次の事項にも該当する人は、あらかじめ三豊市選挙管理委員会に届け出た人に投票に関する記載をしてもらうことができます(代理記載制度)。
 ○身体障害者手帳所持者
  ・上肢、視覚の障害:1級
 ○戦傷病者手帳所持者
  ・上肢、視覚の障害:特別項症から第2項症まで
(2)郵便等投票証明書交付申請手続について
 
 
郵便等による不在者投票を行う人は、あらかじめ三豊市選挙管理委員会から「郵便等投票証明書」の交付を受けておく必要があります。
 
@代理記載制度を利用しない場合
上記の(1)の@にのみ該当する人は、三豊市選挙管理委員会に必要書類(身体障害者手帳、戦傷病者手帳又は介護保険被保険者証)を添付して、郵便等投票証明書交付申請書(代理記載人なし)を提出してください。
 ・郵便等投票証明書交付申請書(代理記載人なし) ※クリックで様式を表示します
 ※氏名欄は、必ず選挙人本人が自署してください。
 
A代理記載制度を利用する場合
上記の(1)の@とAの両方に該当し、代理記載制度を利用する人は、三豊市選挙管理委員会に必要書類(身体障害者手帳、戦傷病者手帳又は介護保険被保険者証)を添付して、郵便等投票証明書交付申請書(代理記載人あり)、代理記載人となるべき者の届出書、代理記載人の同意書及び宣誓書を提出してください。
 ・郵便等投票証明書交付申請書(代理記載人あり) ※クリックで様式を表示します
  ・代理記載人となるべき者の届出書 ※クリックで様式を表示します
  ・代理記載人の同意書及び宣誓書 ※クリックで様式を表示します
 必ず代理記載人が自署してください。
(3)郵便等による不在者投票用紙等の請求手続及び投票方法について
(手続きの概要)
@郵便等投票証明書の交付を受けた人は、8月22日(水)までに、選挙人本人(代理記載制度を利用している場合は、代理記載人)が自署した郵便等による不在者投票用紙等請求書に郵便等投票証明書を添付して、三豊市選挙管理委員会へ提出してください。
 ・郵便等による不在者投票用紙等請求書(代理記載人あり) ※クリックで様式を表示します
 
A 三豊市選挙管理委員会に郵便等による不在者投票用紙等請求書が届いたら、自宅等に投票用紙等を郵送します。
B 自宅等で、投票用紙等に選挙人本人(代理記載制度を利用している場合は、選挙人本人の指示のとおりに代理記載人)が記載し、必ず郵便等により三豊市選挙管理委員会へ送付してください。
 
※(2)の郵便等投票証明書交付申請手続と、(3)の郵便等による不在者投票用紙等請求手続を同時に行うこともできます。また、どちらの手続も、告示日よりも前においてもできますので、できる限りお早めに手続をしてください。
戻る
9.三豊市外に居住する学生の投票
 
 三豊市を離れて、市外の大学や専門学校に修学のため寮や下宿等に居住している学生は、現在居住する市区町村へ住所変更の届出をすることになっています。
 したがって、三豊市を離れて修学中の学生は、三豊市の選挙人名簿に登録されており投票所入場券が届いたとしても、特段の事情のない限りは、投票することができません。
戻る
10.開票及び開票速報
@ 日時 8月26日(日)午後9時から
A 場所 三豊市総合体育館(三豊市高瀬町上高瀬751番地24)
B 速報 午後9時30分から
 
速報内容
 開票中間、開票確定
 
速報方法
 ・開票所内における掲示
 ・三豊市ホームページへの掲載(随時更新)
 ・速報問合せ用電話(0875−72−1529 )8月26日限定
 
戻る
本文終わり
ページのトップへ
選挙管理委員会事務局 (総務課内)
〒767-8585 香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
Tel: 0875-73-3000  Fax: 0875-73-3022
E-Mail: こちらから