文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップみとよHOTほっとNEWS平成29年度の話題8月8月21日(月)
前のページへ 
2017年8月21日 更新
印刷用ページを開く
8月21日(月)
小笠原古流名部戸二頭獅子舞が三豊市文化財に指定
詫間町の名部戸自治会に今も受け継がれている「小笠原古流名部戸二頭獅子舞」が三豊市文化財に指定されました。
名部戸二頭獅子舞
▲名部戸二頭獅子舞
獅子頭は髭がなく、鼻が高く大型で、黒目の周りに一重線がありません
▲獅子頭は髭がなく、鼻が高く大型で、黒目の周りに一重線がありません
油単の模様は刺繍で、これらは家の浦の獅子の特徴と同じです
▲油単の模様は刺繍で、これらは家の浦の獅子の特徴と同じです
名部戸獅子保存会の皆さん
▲名部戸獅子保存会の皆さん
 名部戸二頭獅子舞は五穀豊穣、厄払いを祈願して行われており、香川県指定無形民俗文化財「家浦二頭獅子舞」から教わったという言い伝えが古くから残っています。今回の調査で、獅子舞、油単、衣装、芸などに家浦二頭獅子舞と共通する特徴があることが確認され、言い伝えを裏付ける結果となりました。
 二頭獅子の息のあった動きがとても印象的で、獅子はまるで生きているかのように動きます。今回、指定を受けた名部戸獅子保存会代表の大山直輝さんは「今までの伝統を守って、今後も継続していけるよう努力していきたい」と語ってくれました。
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
総務部 秘書課
〒767-8585 香川県三豊市高瀬町下勝間2373番地1
Tel: 0875-73-3001  Fax: 0875-73-3030
E-Mail: こちらから